★最安値公式サイトはコチラ!★


シズカゲルはなぜ美白効果があるの?有効成分をチェック!

口コミなどでも効果があると評価が高かったシズカゲルですが、なぜ美白効果があるのでしょうか?

ここではシズカゲルの成分や特徴という観点から、美白効果の高さをチェックしていきたいと思います!

独自成分フラバンジェノール

実は医学誌などでも紹介されるほど注目されている美容成分なんです。天然のポリフェノールで、治験や実験で効果が認められたからこそ、医学誌に掲載されるということ。効果に関しては医学的にも証明されているんですね。

フラバンジェノールの美容パワーは凄まじいものです!

・ビタミンCの約600倍

・コエンザイムQ10の約250倍

従来の美容成分よりも格段上の美容効果を持っているんです。

 

ビタミンCってどんな成分?

美白成分として、美容界では長年使われ続けてきている成分ですよね。体内でメラニンの生成を抑制します。さらにコラーゲン生成を促進させてくれるので、お肌のターノーばーが整えられてメラニン沈着も予防し、シミを薄めてくれるんです。

 

コエンザイムQ10ってどんな成分?

活性酸素の働きにより体内から酸化が進み、老化していきます。抗酸化作用というのは、この一連の流れを妨げるものです。

高い抗酸化作用を持つのがコエンザイムQ10!お肌の細胞が酸化するのを防ぐため、シミ予防に繋がります。

シズカゲルに含まれているフラバンジェノールは、ビタミンCやコエンザイムQ10の何百倍もの美白効果を持っているのですから、高い効果を発揮するのも納得です。

 

アルブチン、ビタミンC誘導体配合

フラバンジェノールだけでなくアルブチンビタミンC誘導体といった美容成分も採用しています。

メラニン生成を促すをチロシナーゼという成分の働きを抑える作用があります。シミ予防、お肌にできたシミが濃くなるのを防いでくれる美容成分の一種です。

ビタミンCとの併用で相乗効果が生まれるため、より美白効果がアップします。

 

ビタミンC誘導体

より効率よくビタミンCを浸透させてくれる成分です。お肌の酸化を防ぎ、お肌にできているシミを改善したり、シミ予防といった効果を発揮します。

シミだけでなくお肌のくすみやニキビにも作用しますし、毛穴を引き締める作用もありますので、美肌を目指すなら必須!

 

医学誌で紹介されるほどの美白効果が認められているシズカゲル。他の美容成分も上質で、相乗効果を生み出す成分も入っていますので、美容効果をプラスしていくというよりも、掛け算のようなイメージで美白効果がアップする感じですね!

 

シズカゲルで効果があるシミと効果がないシミとは?

実際にシズカゲルを使った人の多くは、お肌のくすみやシミ、ニキビの跡が改善されたと感じているようですが、それらの効果は決して医療行為によるものではありません。

医薬品ではありませんので、時には効果があまり感じられないこともあるんです。

ではどんなシミには効果が出やすく、どんなシミだと効果が出にくいのでしょうか?

 

効果を期待しやすいシミ

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着というのは皮膚の炎症がきっかけでメラニンが生み出され、そのまま皮膚内に残ってしまったものを指します。

例えば火傷や日焼け、ニキビといったお肌トラブルでできやすく、炎症がひどいと消えにくいシミになります。

この場合には美白化粧品のケアしていく必要があります

炎症後色素沈着の改善効果を持つ成分がアルブチン、ビタミンC誘導体です。シズカゲルにはバッチリ入ってますね!しかしさらなる日焼けが加わると炎症がひどくなりますので、紫外線対策をしなければなりません。

老人性色素班

直径数ミリの丸いシミはほとんどが老人性色素班です。原因は日頃の紫外線や加齢。

老人性色素班のケアで重要なのは、メラニンの新たな生成を防ぐこと肌のターンオーバーを整えるということです。

シズカゲルに含まれるカンゾウフラボノイドがメラニン生成を抑制する効果を発揮します。チロシナーゼ酵素の活性を抑制するのでメラニン生成が阻害されますから、色素沈着の予防ができるんです。

紫外線によるダメージで老人性色素班が作られやすく、何年も放置したり炎症が悪化すると、改善するにも長い時間が必要になりますので、早め早めの対策をしましょう。

 

効果が期待しにくいシミ

そばかす(遺伝タイプ)

遺伝でそばかすができやすい場合と、紫外線が原因となっている後天的そばかすがあります。

遺伝的なそばかすだと、思春期により濃くなることが多く、大人になれば薄くなることも多いそうです。大人になっても一向にそばかすが薄くならないなら、後天的そばかすなのかもしれません。

遺伝的なそばかすだと、美容ケアでは中々改善が困難です。けれども後天的そばかすであれば、お肌にできたシミと同じようにケア次第で改善も可能です。メラニンの生成を抑え、紫外線対策を徹底して、お肌のターンオーバーを整えることが重要となります。

美肌クリームということでシミやそばかす予防にも効果的なのがシズカゲルなので、後天的なそばかすであれば改善効果が期待できます。

 

肝斑

女性ホルモンの影響でできやすい肝斑。左右対称にできているならば肝斑かもしれません。

女性特有の妊娠や出産といった変化、更年期やピルの服用でなどが原因にもなりますし、他のシミと比べてもケアしづらいのが特徴です。

紫外線によるダメージでも濃くなりますので、紫外線対策は欠かさずにいましょう!ターンオーバーを整えてメラニン色素を排出することも重要なケアの一つです。

 

シズカゲルのシミ効果まとめ

美白クリームでありながら医薬部外品(薬用)効果が期待できというのも、シズカゲルの魅力の一つ。先ほどご紹介した老人性色素班や炎症後色素沈着といったお肌のトラブルは、効果があるケアを長く続けていくことが大切です。

シズカゲルがもたらす効果がこちら!

・メラニン生成を抑制しシミを防ぐ

・肌のターンオーバーを改善する

これらの効果により美白ケアができます。さらに毎日の紫外線対策も重要で、とにかく継続してケアしていくことで、シミも少しずつ目立たなくなっていきます。お肌の状態がコンプレックスでも、使い続けることでシミも薄めることができますよ。

 

シズカゲルで効果を得る使い方ポイント

シズカゲルの効果を効率よく実感するために、正しい使い方も心がけましょう。

ただ適当に塗っているだけじゃもったいない!正しい使い方をすることで効果も格段に違ってきます。せっかく購入したのですから、より効果を感じられる使い方をしていきましょう!!

シミを薄くしたい、美白ケアをしたいならばシズカゲルのパワーをより効率よく実感してくださいね!

塗るタイミング

オールインワンゲルを最大限に活用したいならば、お風呂に入った直後に使いましょう!

お風呂から上がった直後というのはお肌が一番水分を含んでいます。そのタイミングでシズカゲルを塗ることで、さらに高い保湿効果が得られます。

お風呂の後にモタモタしていると、お肌はどんどん乾燥していきますので、お風呂上がりにシズカゲルを塗ってしまいましょう。

塗る量

1回の塗布で使う量は大体4cmほど。これが目安量です。この量で1日2回使ったとしても1ヶ月は持ちますよ。

手の平に4cm分出してみると「多くないかな?」と思う方もいるでしょうが、十分な量をもったいぶらずに使うこともポイントです。お肌をこすらないようにして塗っていくことが大事ですので、勿体無いと思わずに、お肌のためだと思いましょう!

朝つかう時のポイント

けれども朝の段階でシズカゲルを多めにしてしまうと、メイクの仕上がりがイマイチになってしまうこともあるので、朝は気持ち少なめで十分に伸ばして使うといいですよ!

夜つかう時のポイント

夜は乾燥しやすいため。4センチ分たっぷり使って浸透させてあげると良し!

塗り方

STEP1:適量を顔全体になじませる
シズカゲルをは手の平に出したら、まずは数秒手の平の熱で温めましょう。毛穴にしっかり浸透させるために、下から上へ顔の中心から外側へと塗っていくことを意識してください。力を入れてゴシゴシしてしまうとお肌へのダメージになってしまいますので、お肌に乗せて優しく伸ばすイメージで塗っていきます。

STEP2:気になるところを中心になじませる
特にシミやシワが目立つ部分は、重点的に1箇所1箇所優しくプッシュして塗っていきます。乾燥している部分は二度塗りすると良し!

STEP3:顔全体を優しくタッピング
目の下やまぶたといった皮膚の薄い部分は指先で軽くタッピングするように、あとは顔全体に優しく伸ばしていきます。皮膚の薄い部分は特に茶色いクマや色素沈着しやすい部分なので、丁寧に優しくケアしましょう。

STEP4:顔全体を優しくマッサージ
ごわごわしている部分、頬などは手の平を使ってパッティングするように塗っていきます。

仕上げに手の平で顔を覆ってプレスしながらマッサージ。

以上のちょっとしたコツやポイントも心がけて美白を目指しましょう!

 

シズカゲル~使い方~応用編~

 



★最安値公式サイトはコチラ!★